16.20 - DECLARE CURSOR (マクロ形式) - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL ストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1148-162K-JPN

目的

マクロ カーソルを定義して名前を割り当てます。

呼び出し

実行不可プリプロセッサ宣言。

埋め込みSQLのみ。

構文



cursor_name
任意の有効なSQL識別子。
database_name
この文で使用するデータベース。
macro_name
実行するTeradata SQLマクロの名前。
parameter_list
Teradata SQLマクロ パラメータ。

ANSI準拠

ANSI/ISO SQLではマクロが定義されていません。ANSI/ISO SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

許可

なし。

ルール

システムは、カーソルが開いたときにマクロを実行します。その後、アプリケーション プログラムはrequestカーソルの結果としての結果にアクセスします。

指定されるマクロの中のどの文も、プリプロセッサ命令またはストアド プロシージャ命令にすることはできません。

マクロには、以下のSQL文はどれも組み込めません。
  • CHECKPOINT
  • CLOSE
  • COMMIT
  • CONNECT
  • DATABASE
  • DESCRIBE
  • ECHO
  • EXECUTE
  • EXECUTE IMMEDIATE
  • FETCH
  • LOGON
  • OPEN
  • POSITION
  • PREPARE
  • REWIND
  • SET BUFFERSIZE
  • SET CHARSET
  • SET SESSION

例: マクロDECLARE CURSOR文の構築

マクロDECLARE CURSOR文の構造は次のとおりです。

DECLARE Ex CURSOR FOR EXEC NewEmp