16.20 - 例: INTEGERデータ型から文字への変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

T1.Field1には、デフォルト書式が'-(10)9'の数値INTEGERデータ型があります。ユーザーには、123456などの値があり、999999を超える値はありません。INTEGER書式として定義されている値は、CHAR(8)に変換されます。

次の例は、この数値から文字への変換を実行するためのTeradataの構文を示します。

SELECT Field1(CHAR(8)) FROM T1;

結果は、値123456に対し'123'を返します。結果には5つの先行の埋め込み文字が含まれ、有効桁が切り捨てられます。