16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

CHECK制約は、INSERTおよびUPDATE操作の候補として生成された行に適用されます。

CHECK制約をID列に対して指定することはできません。

条件が満たされた場合や、提示されたINSERTまたはUPDATEにNULL値が入っていた場合には、その操作は許可されます。

条件が満たされなかった場合には、エラーが発生し、「制約違反」と報告されます。構文の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「CREATE TABLE」を参照してください。

文字データの場合、制約は現在のセッション照合を使用してチェックされます。このため、値があるセッション照合では制約を満たし、別の照合では制約に違反することがあります。

また、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>の「制約の指定」も参照してください。