16.20 - 多次元(n-D) ARRAYデータ型 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

n-D ARRAYとは、整数の座標を要素型にマッピングすることです。n-D ARRAYタイプは、同じデータ型の値を含む可変長の順序付きリストとして定義されます。このARRAYタイプ(2次元から5次元まで)を作成するときには、各次元に含める値の最大数を指定します。

n-D ARRAYタイプは、そのタイプの次元ごとに、下限と上限の境界値のペア[n:m]を使用して定義します。その代わりに、単一の値[n]を指定して、ある次元の最大サイズを表わすこともできます。これは、その次元の下限境界が1になるように暗黙的に定義していることになります。詳細は、ARRAYデータ型の作成を参照してください。

n-D ARRAYタイプの各構成要素の値にアクセスするには、それぞれの次元についての数値のインデックス値を使用します。ARRAY構成要素の詳細を参照する方法についての詳細は、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「ARRAY関数および演算子」を参照してください。

次の図は、3-D ARRAYデータ型の構成を示しています。



Teradata Databaseでは、n-D ARRAYの構成要素の値を行優先順で格納します。行優先とは、スコープ指定で左端にあたる最初の次元が最優先の次元になり、最後の次元に向かうほど次元の優先順位が低くなるということです。