16.20 - ARRAY_AGG - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

目的

問合わせのSELECTリストの一部として配列を作成できるARRAYデータ型とともに使用する集約関数。

構文



TD_SYSFNLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
element_value_expr
ARRAYの要素型と評価される式。
value_expression
比較可能なTeradataデータ型と評価される式。
ASC
結果が昇順でソートされます。
ソート フィールドが文字列の場合、システムは現在のセッションの照合順序の定義に従って、昇順で整列します。
デフォルトの順序はASCです。
DESC
結果が降順でソートされます。
ソート フィールドが文字列の場合、システムは現在のセッションの照合順序の定義に従って、降順でソートします。
array_expression
次のいずれかであるARRAY式。
  • ARRAY列の参照
  • ARRAYコンストラクタ式
  • UDF式
  • UDM式