16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

このセクションでは、ARRAYデータ型について説明します。

ARRAYデータ型とは、特定の同一データ型の構成要素をユーザー定義した数だけ保持する、名前付きのデータ型のことです。ARRAYデータ型は、1つ以上の次元を含むように定義できます。また、このデータ型を使用すると、多数の同じデータ型を順に格納したり、行列のような形式で格納したりできます。これにより、テーブルの1つの行に、同じタイプのデータ値を多数格納できるようになります。

Teradata Databaseでは、1次元(1-D)のARRAYデータ 型と、5次元までの多次元(n-D)のARRAYデータ型をサポートしています。

また、ARRAYデータ型を、Oracleとの互換性があるVARRAYキーワードと構文を使用して作成することもできます。