16.20 - 例 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

この例では、table1のtswz列に、次のタイムスタンプ データが格納されています。

SELECT * FROM table1;

問合わせの結果は、次のとおりです。

                               tswz
-----------------------------------
   2011-11-04 13:14:00.860000-07:00

SELECT問合わせでタイムゾーン文字列を指定したAT句を使用して、異なるタイムゾーン内の同じ時間を取得できます。 例えば、

SELECT CAST(tswz AS TIMESTAMP WITH TIME ZONE AT 'gmt') 
FROM table1; 

問合わせの結果は、次のとおりです。

                               tswz
-----------------------------------
   2011-11-04 20:14:00.860000+00:00

同様に、タイムゾーン変位を指定したAT句を使用して、同じ結果を得ることができます。

SELECT CAST(tswz AS TIMESTAMP WITH TIME ZONE AT TIME ZONE '00:00')
FROM table1; 

問合わせの結果は、次のとおりです。

                               tswz
-----------------------------------
   2011-11-04 20:14:00.860000+00:00

次の問合わせは、明示的なCASTなしで同じ結果を生成します。

SELECT tswz AT 'gmt' FROM table1;

問合わせの結果は、次のとおりです。

            tswz AT TIME ZONE 'gmt'
-----------------------------------
   2011-11-04 20:14:00.860000+00:00