16.20 - 符号付きゾーン小数変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

Teradata SQLは、符号付きゾーン(外部)小数である入力データを数値データ型に変換できるので、数値演算を列の値に対して実行できるようになります。符号付きゾーン小数が格納されることになる列は、どの数値データ型でもかまいません。

S符号文字を組み込んだFORMAT句は、 Teradata Databaseに渡されるとき、およびTeradata Databaseから渡されるときにデータをフィルタ処理します。

入力データ列の右端の文字は、ゾーン(オーバーパンチ)ビットを含んでいると想定されます。

ゾーンと数値の組み合わせを表わす文字を次のテーブルに示します。

最後の文字(入力文字列) 数値変換 最後の文字(入力文字列) 数値変換 最後の文字(入力文字列) 数値変換
{

A

B

C

D

E

F

G

H

I

n … 0

n … 1

n … 2

n … 3

n … 4

n … 5

n … 6

n … 7

n … 8

n … 9

}

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

-n … 0

-n … 1

-n … 2

-n … 3

-n … 4

-n … 5

-n … 6

-n … 7

-n … 8

-n … 9

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

n … 0

n … 1

n … 2

n … 3

n … 4

n … 5

n … 6

n … 7

n … 8

n … 9

列の定義ではCREATE TABLEまたはALTER TABLE文に、データのロードではINSERT文に、符号付きのFORMAT句を含めることができます。格納された値をどのように使用するかにより、FORMAT句の指定方法が異なります。

符号付きのFORMAT句が列作成時に指定されている場合、その句は列レベルでデータが変換されるため、列に「付属している」とみなされます。すなわち、そのデータがロードされる時と検索される時の両方で行なわれます。