16.20 - サポートされるデータ型 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

Teradata Databaseは、以下の型の暗黙的な変換を実行します。

バイトから次のタイプへ:
  • Byte

    バイト タイプには、BYTE、VARBYTE、およびBLOBが含まれます。

  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

数値から次のタイプへ:
  • Numeric
  • DATE
  • Character
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

日付から次のタイプへ:
  • Numeric
  • DATE
  • Character
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

文字から次のタイプへ:
  • Numeric
  • DATE
  • Character

    文字タイプには、CHAR、VARCHAR、およびCLOBが含まれます。

  • Period
  • TIME
  • TIMESTAMP
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

TIMEから次のタイプへ:
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

TIMESTAMPから次のタイプへ:
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

INTERVALから次のタイプへ:
  • UDT

    事前定義型をUDTにキャストする暗黙CASTがUDTになければなりません。UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

UDTから次のタイプへ:
  • UDTに対して定義されている暗黙CASTのターゲットである事前定義データ型

    UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

  • UDTに対して定義されている暗黙CASTのターゲットである別のUDT

    UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。