16.20 - 例: 割り当て時に行なわれる暗黙的な型変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

次のテーブルを考えます。

CREATE TABLE T1
   (Fname VARCHAR(25)
   ,Fid   INTEGER
   ,Yrs   CHARACTER(2));
CREATE TABLE T2
   (Wname VARCHAR(25)
   ,Wid   INTEGER
   ,Age   SMALLINT);

次の文では、Teradata DatabaseによってT1.Yrs内の文字列が暗黙的に数値に変換されます。

UPDATE T2 SET Age = T1.Yrs + 5;

このことは、ソース文の構文では明確ではありませんが、T1およびT2テーブルのディクショナリ情報がアクセスされたときに明確になります。