16.20 - 制限 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN
  • WHERE句の検索条件に、ARRAY値を引数として渡すことはできません。WHERE句の検索条件に、ARRAYの個別の構成要素を渡すことはできます。また、Teradata Databaseが提供するシステム関数を使用して、ARRAYデータの関係比較を実行できます。これらの関数についての詳細は、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「ARRAY関数および演算子」を参照してください。
  • 次のSQL DML句には、ARRAY列を指定することはできません。
    • INTERSECT、MINUSまたはUNION集合演算子
    • DISTINCT演算子
    • SELECT文のORDER BY、GROUP BYまたはHAVING句
  • ARRAYタイプのUDMは作成できません。ARRAYタイプに対して有効なメソッドは、Teradata DatabaseがARRAYタイプに対して自動的に作成したメソッドに限られます。そのため、CREATE/REPLACE METHODのFOR句にARRAYタイプ名を指定することはできません。
  • ARRAY列を、インデックスの構成要素にすることはできません。
  • UDTに適用されるすべての制限は、ARRAYタイプにも適用されます。