16.20 - ArrayTransformsOffフラグ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

オプション パーセルのArrayTransformsOffフラグでは、サーバーからARRAYデータ型が変換モードで送信されるのか、無変換モードで送信されるのかを示します。

ArrayTransformsOffフラグはpcloptlist_t (pcltoteq.h)に格納されます。

説明
Y ARRAYデータ型はサーバーから無変換モードで送信されます。

ArrayTransformsOffフラグをYに設定する前に、ReturnStatementInfoフラグをYに設定する必要があります。そうしないと、Teradata Databaseによりエラーが返されます。

N デフォルト。

ARRAYデータ型はサーバーから変換モードで送信されます。

フラグが2進ゼロの場合は、フラグがNに設定されているものとして扱われます。

オプション パーセルがアプリケーションのリクエストと併せて送信されない場合や、オプション パーセルに新しいフィールドが存在しない場合、サーバーはフラグがNに設定されていると見なします。

これらの値の設定の詳細については、変換オフおよびPERIODデータ型のサポートを参照してください。