16.20 - 間隔リテラルの概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

間隔リテラルを使用すると、式で間隔値を宣言できます。

間隔リテラルは、その他のSQLリテラルと違って、前と後にキーワードを指定します。

汎用構文



sign
(オプション)負の間隔を指定するためのマイナス記号。デフォルトは正の間隔です。

符号の位置は、stringを囲む単一引用符の外側に出す必要があることに注意してください。

string
文字列。スペース文字と復帰改行文字は、2つの単一引用符の内側には使用できません。
interval_qualifier
間隔リテラル型を示す1つまたは複数のキーワード。可能な値は次のとおりです。
  • YEAR
  • YEAR TO MONTH
  • MONTH
  • DAY
  • DAY TO HOUR
  • DAY TO MINUTE
  • DAY TO SECOND
  • HOUR
  • HOUR TO MINUTE
  • HOUR TO SECOND
  • MINUTE
  • MINUTE TO SECOND
  • SECOND

interval_qualifierで精度を指定することはできません。

間隔リテラルのカテゴリ

間隔リテラルは、次の2つのカテゴリのいずれかに属します。1つのカテゴリのリテラルと、もう1つのカテゴリのリテラルを混合することはできません。
  • Year-Month
  • Day-Time
    Year-Monthリテラル Day-Timeリテラル
    • YEAR
    • YEAR TO MONTH
    • MONTH
    • DAY
    • DAY TO HOUR
    • DAY TO MINUTE
    • DAY TO SECOND
    • HOUR
    • HOUR TO MINUTE
    • HOUR TO SECOND
    • MINUTE
    • MINUTE TO SECOND
    • SECOND

間隔リテラルのデータ型

リテラルのデータ型は、interval_qualifierから直接派生します。

interval_qualifierタイプで精度を指定することはできません。