16.20 - 例 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

タイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEでの現在の日付がDATE '2008-05-14'だと仮定すると、次のSELECT文は次の結果を返します。TIMESTAMP '2008-05-14 13:30:00+09:00'

SET TIME ZONE INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTE;
SELECT CAST(TIME '08:30:00+04:00' AS TIMESTAMP(0) 
   WITH TIME ZONE AT LOCAL);

文字列定数のタイムゾーン変位INTERVAL '04:00' HOUR TO MINUTEを使用して、UTC値'04:30:00'と、その文字列定数のタイムゾーン変位INTERVAL '04:00' HOUR TO MINUTEが決定されます。CASTの場合は、ソースの式値'04:30:00' (UTC)が、現在のセッションのタイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEに調整され、'13:30:00'が導き出されます。

タイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEでの現在の日付'2008-05-14'と、上記の調整後に取得したソースの式値の時間部分'13:30:00'からタイムスタンプが生成されます。タイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEでの、このタイムスタンプ'2008-05-14 13:30:00'はUTCに合わせて調整されるため、CASTの結果はUTCで'2008-05-14 04:30:00'と、タイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEを併せたものになります。

UTCでのCASTの結果値はタイムゾーン変位INTERVAL '09:00' HOUR TO MINUTEに調整されるため、SELECT文の結果は次のようになります。TIMESTAMP '2008-05-14 13:30:00+09:00'