16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

ARRAY_GETは、引数として配列式を取り、array_indexで指定した位置に対応するarray_expr内の構成要素の値を返します。

array_exprが1次元ARRAYタイプの場合、位置決めする構成要素のインデックスはINTEGERまたはArrayVec型で定義され、array_exprの定義済みの境界の範囲内になければなりません。

array_exprが多次元ARRAYタイプの場合、位置決めする構成要素のインデックスは、事前定義された配列タイプArrayVecを使用して定義されます。ArrayVecタイプの詳細は、「ARRAY適用範囲の参照」を参照してください。ArrayVecにより定義される次元数は、2~5 (サポートされる次元数の最大値)とし、array_expr内の次元数に対応しなければなりません。各次元の値はカンマで区切り、array_exprの定義済みの境界の範囲内でなければなりません。

array_indexの値が初期化されていない状態のARRAYの構成要素を参照する場合、エラーが返されます。初期化されてないARRAYの構成要素の参照を回避するには、初期化されていない構成要素をNULLに設定します。これは、OEXTENDメソッドを使用して行なえます。OEXTENDを参照してください。

array_exprがNULLの場合、この関数はNULLを返します。