16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN


引数なしのCOMPRESS

ヌルのみ圧縮。

COMPRESSを指定しないと、ヌルが自動的に圧縮されないので注意してください。

複数値圧縮(MVC)仕様

COMPRESS
複数値圧縮を使用して列データを圧縮します。
constant
圧縮する値一式。
constant値は1つだけ指定するか、または255以下の異なるconstant値をカンマで区切り括弧で囲んだ複数値リストとして指定できます。
NULL
NULLは圧縮されます。
NULLは単独で指定できますか、必ず括弧で囲んでください。それは、引数なしでCOMPRESSを指定するのと同じです。
NULLは、255個以下の複数のconstant値をカンマで区切って括弧で囲んだリストとともに指定できます。

アルゴリズム圧縮(ALC)仕様

COMPRESS USING
アルゴリズム圧縮を使用して列データを圧縮します。
DECOMPRESS USING
以前にアルゴリズム圧縮を使用して圧縮された列データを圧縮解除します。
dbname
圧縮または圧縮解除用のユーザー定義関数(UDF)が格納されたデータベースの名前です。データベースを指定しないと、デフォルト データベースとしてSYSUDTLIBが使用されます。
圧縮および圧縮解除用のすべてのUDFは、SYSUDTLIBデータベース内に作成するようにしてください。Teradataにより提供される圧縮関数は、TD_SYSFNLIBにあります。
compress_udf
列内の値を圧縮するために使用するUDFの名前です。
decompress_udf
列内の値を圧縮解除するために使用するUDFの名前です。