16.20 - 例: ソースの最大有効フィールドがターゲットよりも高い場合 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

次の問合わせは、まずソースのINTERVAL値を‘135 12’として扱ってから、HOURSを(135*24)+12=3252として計算します。ターゲット値の精度が4未満である場合(エラーが返される場合)を除き、問合わせの結果はINTERVAL ‘3252’ HOURとなります。ソースはDAY TO SECONDのデータ型でした。

SELECT CAST(INTERVAL '135 12:37:25.26' DAY TO SECOND AS INTERVAL HOUR);