16.20 - 文字からPeriodへの暗黙的変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

CHARACTER値またはVARCHAR値は、ターゲットがPeriodデータ型を持つ場合の代入、更新、挿入、マージ、またはパラメータを渡す操作と、他のオペランドにPeriodデータ型がある場合の比較操作のときに、Periodデータ型として暗黙的にキャストされます。その他の非Period値が期間であるターゲットに直接代入されると、エラーが報告されます。同様に、その他の非Period値をPeriod値と直接比較しても、エラーが報告されます。

場合によっては、このエラーを回避するため、値を明示的にPeriodデータ型としてキャストすることがあります。

応答モードがフィールド モード以外の場合や、文字列データがパラメータ化されている場合には、CHARACTERまたはVARCHARからPeriodデータ型への暗黙的な変換時に、文字列内の開始要素値と終了要素値を解釈するためにANSI日時書式の文字列が使用されます。応答モードがフィールド モードであり、文字列データがパラメータ化されていない場合には、文字列内の開始要素値と終了要素値を解釈するためにターゲットの期間の書式が使用されます。以下のテーブルでは、この点を詳しく説明します。

モード パラメータ化されたデータの有無 暗黙的なキャストの解釈に使用される書式
フィールド いいえ ターゲットの書式
フィールド はい ANSI書式
フィールド以外 はい ANSI書式
フィールド以外 いいえ ANSI書式

ANSI日時書式の文字列を使用して、文字列内の開始要素値と終了要素値を解釈する場合、開始値と終了値を単一引用符で囲むかどうかはオプションです。このような自由度は明示的キャストの場合にも適用されます。