16.20 - 制限 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

Teradata Databaseは、UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャ(外部ルーチン)への入力引数の暗黙変換は実行しません。引数は、パラメータ タイプと完全に一致する必要はありませんが、互換性がなければなりません。例えば、INTEGER引数が期待される外部ルーチンにSMALLINT引数を渡すことができます。これは、SMALLINTとINTEGERに互換性があるからです。DATEタイプの引数を、INTEGER引数が期待される外部ルーチンに渡すには、DATEタイプを明示的にINTEGERタイプにキャストする必要があります。詳細は、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。

一部のSQL関数および演算子では、パラメータ タイプと完全に一致する引数が必要とされます。詳細は、該当する関数または演算子の資料を参照してください。