16.20 - DateTimeタイプの暗黙の変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN
Teradata Databaseは、以下の場合にDateTimeデータ型の暗黙的変換を実行します。
  • 動的パラメータ マーカー、または疑問符(?)プレースホルダーを使用してデータを渡すとき。
  • INSERT、INSERT...SELECT、およびUPDATE文を使用する場合。
  • MERGE INTO文を使用する場合。
  • CREATE/ALTER TABLE文のデフォルト値を処理するとき。詳細は、DEFAULT句を参照してください。
  • DECLARE、SELECT...INTO、およびSET文の実行など、ストアド プロシージャの実行中。 <Teradata Vantage™ SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。

暗黙の変換はクライアント側のサポートによって異なります。DateTime型の暗黙の変換をサポートするクライアント製品の詳細について、Teradata Tools and Utilitiesユーザー マニュアルを参照してください。

以下の変換をサポートします。

ソース ターゲット 詳細についての参照先
DATE TIMESTAMP DATEからTIMESTAMPへの暗黙的変換
TIME TIMESTAMP TIMEからTIMESTAMPへの暗黙的変換
TIMESTAMP DATE TIMESTAMPからDATEへの暗黙的変換
TIMESTAMP TIME TIMESTAMPからTIMEへの暗黙的変換
INTERVAL INTERVAL INTERVALからINTERVALへの暗黙的変換

Teradata Databaseは次の場合、代入時にDateTimeデータ型に対して暗黙的変換を実行します。

ソース ターゲット 詳細についての参照先
DATE TIMESTAMP DATEからTIMESTAMPへの暗黙的変換
TIME TIMESTAMP TIMEからTIMESTAMPへの暗黙的変換
TIMESTAMP DATE TIMESTAMPからDATEへの暗黙的変換
TIMESTAMP TIME TIMESTAMPからTIMEへの暗黙的変換
INTERVAL EXACT NUMERIC INTERVALタイプはフィールドが1つだけ必要です(例えば、INTERVAL YEAR)。

INTERVALからNUMERICへの暗黙的変換

EXACT NUMERIC INTERVAL INTERVALタイプはフィールドが1つだけ必要です(例えば、INTERVAL YEAR)。

数値からINTERVALへの暗黙的変換

数値からINTERVAL型への変換には全般的な制限があります。INTERVAL型には日時フィールドが1つだけ必要になります。ただし、この制限は、AT句の式を暗黙的に変換する際には問題になりません。その理由は、この変換が2つのCAST文を使用して実行されるためです。<Teradata Vantage™ SQLの日付/時刻関数と式、B035-1211>の「ANSI INTERVAL式」にあるdate_time_expressionの定義を参照してください。

Teradata Databaseは次の場合、単一テーブル述部と結合述部でDateTimeデータ型に対して暗黙的変換を実行します。

ソース ターゲット 詳細についての参照先
TIMESTAMP DATE TIMESTAMPからDATEへの暗黙的変換
INTERVAL EXACT NUMERIC INTERVALタイプはフィールドが1つだけ必要です(例えば、INTERVAL YEAR)。

INTERVALからNUMERICへの暗黙的変換

EXACT NUMERIC INTERVAL 数値からINTERVALへの暗黙的変換

詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「比較オペランドの暗黙的な型の変換」を参照してください。

以下の変換はサポートしません。
  • 比較では、TIMEからTIMESTAMPへ、またTIMESTAMPからTIMEへの暗黙的な変換はサポートしません。
  • 集合操作での日時タイプの暗黙的な変換。