16.20 - CHARACTER SET句 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

目的

文字列のサーバー文字セットを指定します。

構文



ANSI準拠

CHARACTER SET句は、基本レベルでANSIに準拠しています。

インプリメンテーション定義の文字セットは、中間レベルでANSIに準拠しています。

列の内部記憶の定義のためのCHARACTER SETの使用

文字列のサーバー文字セットを定義するには、CREATE TABLE文内で文字列定義のCHARACTER SET句を使用します。

任意指定のこの句は、サーバーに格納された文字データの内部処理を定義しますが、クライアント、セッション、文字セットには関与しません。

CHARACTER SET句を省略した場合の列のデフォルトのサーバー文字セットは、テーブル内のデータにアクセスするユーザーが、CREATE USER文のCREATE USER文のDEFAULT CHARACTER SET句にどのように定義されているかによって異なります。詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。ユーザー用のデフォルト文字セットが指定されていない場合は、システム デフォルトで、言語モードに関連する文字セットが使用されます。つまり、標準言語モードの場合はLATIN、日本語モードの場合はUNICODEになります。

CHARACTER SETでサポートされるサーバー文字セット

Teradata SQLは、CHARACTER SETで使用される5つのサーバー文字セットをサポートしています。次のトピックでは、各サーバー文字セットの詳細を説明します。

制限

CHARACTER SET句はUDT列には使用できません。

CHARACTER SET句を使用した変換

CHARACTER SET句は、明示変換形式です。

CHARACTERデータの明示的な変換については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「TRANSLATE関数」の項を参照してください。

CHARACTER SET句を文字式で用いた場合、その式はまず暗黙変換ルールに従って変換され(<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>の中の「文字から文字への暗黙変換」の項を参照)てから、状況に応じて切り捨てられるかまたは拡張されます。

server_character_set 変換結果におけるCHAR(n)またはVARCHAR(n)のnの単位
  • UNICODE
  • LATIN
  • GRAPHIC
文字
  • KANJISJIS
  • KANJI1
バイト