16.20 - デフォルトの形式の変更 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

Teradata SQLが次のデータ型に対して使用するデフォルトの形式は、変更可能です。

  • BIGINT
  • BYTEINT
  • DATE
  • DECIMAL/NUMERIC
  • FLOAT/REAL/DOUBLE PRECISION
  • INTEGER
  • NUMBER
  • SMALLINT
  • TIMEおよびTIME WITH TIME ZONE
  • TIMESTAMPおよびTIMESTAMP WITH TIME ZONE

データ型のデフォルトの形式を変更するには、データ形式仕様(SDF)ファイルを作成し、tdlocaledefユーティリティを使用する必要があります。詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

CREATE TABLE文において列の形式が明示的に指定されない新しいテーブルの列に形式を割り当てる際、Teradata Databaseはこの変更を使用します。デフォルトの形式を変更する前に作成されたテーブルの列では、そのテーブルの作成時点でTeradata Databaseによりその列に割り当てられていた形式が引き続き使用されます。

現在のセッションの前述のデータ型のデフォルト形式の設定値を確認するには、HELP SESSION文を使用してください。詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「HELP」および「SHOW」の項を参照してください。