16.20 - 概要 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

以降のセクションでは、1次元(1-D)、多次元(n-D)、またはその両方のARRAYデータ型の関数、演算子、式およびメソッドについて説明します。これらの関数を使用すると、配列内のすべての構成要素や、配列を構成する構成要素の全体や一部に対して、算術演算、関係演算および集合演算を実行できるようになります。

1次元配列および多次元配列の作成の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「CREATE TYPE(ARRAY/VARRAY形式)」を参照してください。