16.20 - PeriodStructOnフラグ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

オプション パーセルのPeriodStructOnフラグを使用すると、クライアントはTeradata Databaseからの応答メッセージでPERIOD構造体メタデータ、NULL標識ビットおよびデータ値を要求できるようになります。

PeriodStructOnフラグはpcloptlist_t (pcltoteq.h)に格納されます。

リクエスト メッセージでPERIOD構造体の値をTeradata Databaseに送信するクライアントと、応答メッセージでPERIOD構造体の値を返すようにTeradata Databaseに要求するためにオプション パーセル フラグを設定するクライアントはそれぞれ独立しています。

説明
Y デフォルト。

PERIOD構造体メタデータ、NULL標識ビット、およびデータ値をTeradata Databaseに要求します。

PERIODデータ型の値は、そのデータ型の日付/時刻/タイムスタンプ属性としてエクスポートされます。

Teradata Databaseは、クライアントからのPERIOD構造体メタデータ、NULL標識ビット、およびPERIOD構造体のデータ値を受け入れます(ただし、必須ではありません)。

N PERIOD構造体メタデータ、NULL標識ビット、およびデータ値をTeradata Databaseにリクエストしません。

これらの値の設定の詳細については、変換オフおよびPERIODデータ型のサポートを参照してください。

BEGINまたはENDのPERIOD属性のいずれかがヌルの場合、PERIOD値はヌルになります。そのため、Teradata Databaseからクライアントに送信されたヌルのPERIOD値は、3つのNULL標識ビットのすべてでPERIOD値がヌルであり、BEGIN属性とEND属性もヌルであることを示すように設定されます。クライアントがヌルのBEGINまたはENDのPERIOD属性を送信すると、Teradata DatabaseはそのPERIOD値をヌルであると見なします。