16.20 - 例: ARRAYデータ型の作成 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

次の文では、Teradataの構文を使用して、CHAR(10)タイプの5つの構成要素で1-D ARRAYタイプを作成しています。この配列に含まれるすべての構成要素は、NULLに初期化されます。

CREATE TYPE phonenumbers_ary AS CHAR(10) ARRAY[5] DEFAULT NULL;

次の文では、Oracle互換の構文を使用して、CHAR(10)タイプの5つの構成要素で1-D ARRAYタイプを作成しています。この配列に含まれるすべての構成要素は、未初期化状態に設定されます。

CREATE TYPE phonenumbers_ary AS VARRAY(5) OF CHAR(10);

次のSTRUCTURED型UDTについて考えてみましょう。

CREATE TYPE measures_UDT AS(amplitude INTEGER,
                            phase     INTEGER,
                            frequency INTEGER);
次の文では、Teradataの構文を使用して、measures_UDTタイプの構成要素を持つ3-D ARRAYタイプを作成しています。この配列のスコープは、次の3つの次元で構成されます。
  • 次元1 (下限境界が1、上限境界が5)。
  • 次元2 (下限境界が1、上限境界が7)。
  • 次元3 (下限境界が1、上限境界が20)。
    CREATE TYPE seismic_cube AS measures_UDT ARRAY [1:5][1:7][1:20];

次の文では、Oracle互換の構文を使用して、上記と同じ3-D ARRAYタイプを作成しています。

CREATE TYPE seismic_cube AS VARRAY (1:5)(1:7)(1:20) OF measures_UDT;