16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

文字値式は、CAST関数または暗黙のキャストを使用して、PERIOD(DATE)、PERIOD(TIMESTAMP)、またはPERIOD(TIMESTAMP WITH TIME ZONE)タイプとしてキャストできます。文字入力値も、Periodタイプとして暗黙的にキャストできます。

ソースの文字値に含まれる先行および後続の埋め込み文字を除去した後、結果としての文字列はターゲット タイプの書式に従っている必要があります。日時値に対応する文字値式の開始部分と終了部分の変換は、CHARACTER/VARCHARから日時データ型の変換の既存のルールに従います。

既存のルールには、ソースに指定されたタイムゾーン、または指定されていない場合には、現在のセッションのタイムゾーンに基づいて、TIMEまたはTIMESTAMP形式のソースの値からUTCへの変換が含まれます。Periodデータ型からUTCへの変換には例外があります。ソースの文字の終了部分がタイムゾーンを持たないTIMESTAMP値のときに、値がUNTIL_CHANGEDを表わすために使用される最大値と等しい場合、その値はUTCに変換されません。

ターゲット タイプがTIMEまたはTIMESTAMP要素タイプを持ち、文字値式の開始境界または終了境界の部分にうるう秒が含まれている場合、秒部分はターゲットの精度にまで精度を切り詰めた59.999999に調整されます。

ターゲット タイプがTIMEまたはTIMESTAMP要素タイプを持ち、そのターゲットの精度がソースの文字列に指定されているいずれの精度よりも低い場合には、エラーが報告されます。ターゲットの精度がソースの文字列の境界に指定された精度より高い場合、キャストの結果得られるPeriod値の対応する境界の秒の小数桁の末尾にゼロが追加されます。

ターゲットの要素は、それに対応する結果値に設定します。

結果の開始境界が、UTC形式で結果の終了境界以上になると、エラーが報告されます。

変換時にANSI日時形式を使用して文字データを解釈する場合、開始値と終了値を単一引用符で囲むかどうかはオプションです。詳細は、ANSI日時書式を使用する文字列を参照してください。