16.20 - ARRAY構成要素の参照 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

目的

ARRAYデータ型値の中の、指定した構成要素の値にアクセスします。

構文



array_expression
ARRAYデータ型と評価される式。
index_value

アクセスする値を保持する配列内の構成要素へのインデックス。

1-D ARRAYタイプの場合、index_valueは範囲が1~n(nはARRAYタイプの宣言サイズ)の正の整数であることが必要です。

n-D ARRAYタイプの場合、index_valueは範囲がmn(mは、配列の次元について宣言された下限、nは宣言された上限)の正または負の整数であることが必要です。