16.20 - 変換オフおよびPERIODデータ型のサポート - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

構成応答パーセル(PclCfgMultipartFeatType構造体(pclmisc.h))には、サーバーがクライアントに対して変換オフとPERIODデータ型のサポートを通知できるようにするバイト フラグが含まれています。

UDTTransformsOffバイト フラグの値

説明
0 変換がオンにされています。UDTは変換モードで転送されます。PERIODのメタデータとデータは非構造体モード(バイナリ形式)で転送されます。
1 UDTは無変換モードで転送されます。PERIODのメタデータとデータは非構造体モード(バイナリ形式)で転送されます。

クライアントはDBCAREAのオプション部分に、UDTTransformsOffフラグを設定できます。このフラグの詳細について、UDTTransformsOffフラグを参照してください。

2 UDTは無変換モードで転送されます。PERIODのメタデータとデータは構造体モードで転送されます。
値を2に設定した場合:
  • クライアントはDBCAREAのオプション部分に、PeriodStructOnフラグを設定できます。このフラグの詳細については、PeriodStructOnフラグを参照してください。
  • クライアントはリクエスト メッセージでPERIOD構造体メタデータとデータ値をTeradata Databaseに送信できます(ただし必須ではありません)。

DBCAREAオプションの設定の詳細について、<Teradata® CLI V2メインフレーム接続システム、B035-2417>と<Teradata® CLI V2ワークステーション接続システム、B035-2418>を参照してください。

ArrayDataTypeバイト フラグの値

説明
0 ARRAYデータ型はサポートされません。
1 ARRAYデータ型がサポートされます。

値が1に設定されていると、クライアントはDBCAREAのオプション部分に、ArrayTransformsOffフラグを設定できます。このフラグの詳細については、ArrayTransformsOffフラグを参照してください。

DBCAREAオプションの設定の詳細について、<Teradata® CLI V2メインフレーム接続システム、B035-2417>と<Teradata® CLI V2ワークステーション接続システム、B035-2418>を参照してください。