16.20 - 例 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

テーブルINTTIMESTAMPのフィールドTS1は、明示的な形式'Y4-MM-DDBHH:MI:SSDS(6)'を使用したTIMESTAMP値です。この値をCHAR(19)の値に変換し、'M3BDD,BY4BHHhMIm'の明示的な出力形式にすると仮定します。

SELECT TS1 FROM INTTIMESTAMP;

結果(タイプの変更はなし)は、以下のレポートになります。

                       TS1
--------------------------
1900-12-31 08:25:37.899231

入れ子CAST句とFORMATを使って、目的の結果を入手します。つまり、文字書式のレポートです。

SELECT
CAST( (CAST (TS1 AS FORMAT 'M3BDD,BY4BHHhMIm'))
AS CHAR(19))
FROM INTTIMESTAMP;

入れ子CASTの結果は、以下のレポートになります。

TS1
-------------------
Dec 31, 1900 08h25m

内部CASTはTIMESTAMP値の表示書式を確立し、外部CASTは必要な結果のデータ型を示します。