16.20 - ソースとターゲットのタイプの精度 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

ターゲットのデータ型の精度がソースのデータ型の対応する精度よりも小さい場合には、この変換の結果は桁あふれエラーになる可能性があります。

ソースの最小有効値がターゲットの値よりも低い場合、ターゲットの最小フィールドよりも精度の低いソースの値は無視されます。結果は切り捨てられます。この処理の回復は、システムによって異なります。

ソースの値の最大有効フィールドがターゲットの値の最大有効フィールドよりも高い場合、12ヶ月、24時間などの係数を使用して、ソースの高位フィールドがターゲットの最大有効フィールドのスカラー値の精度に変換されます。

比較されたスカラー値が、ターゲットのフィールドに定義された精度から桁あふれする場合は、エラーが戻されます。