16.20 - 例 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

ptは、TIME '12:12:12'の値を持つテーブルtのTIME(0)列で、現在のセッションのタイムゾーン変位がINTERVAL -'08:00' HOUR TO MINUTEだとします。

以下の例では、TIME(0)列をPERIOD(TIME(4) WITH TIME ZONE)としてキャストします。結果の開始境界は、精度が4になるよう末尾にゼロを追加した(UTCでの)ソースと、現在のセッションのタイムゾーン変位から作成されます。結果の終了要素は、結果の開始境界にINTERVAL '0.0001' SECONDを加算したものに設定されます。

結果の開始要素と終了要素のタイムゾーンは同じになります。
SELECT CAST(pt AS PERIOD(TIME(4) WITH TIME ZONE)) FROM t;

以下に示すようなPERIOD(TIME(4) WITH TIME ZONE)値が返されます。

('12:12:12.0000-08:00', '12:12:12.0001-08:00')