16.20 - 式と関数引数の暗黙変換についてのSQLのルール - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

次に、式と関数引数のタイプの暗黙変換についてのルールを示します。

結果が文字タイプになる文字列関数の結果を次のテーブルにまとめました。

関数 結果
TRIM 主要な文字列引数(最後の引数)のタイプに変換されます。
|| (連結) 変換されず、暗黙の変換後、引数の文字データ型になります。

他の列関数には変換が含まれておらず、結果のタイプは、引数のサーバー文字セットではなく関数に基づいて決定されることに注意する必要があります。

例えば、次のTRIM関数の場合、<unicode-literal>がまずLATINに変換されてから、除去操作が実行されます。

...
TRIM(<unicode-literal> FROM <latin-value>)

結果は、LATINです。