16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

OEXTENDは、引数として配列式を取り、配列に1つ以上の新しい構成要素用の領域を割り当てます。

指定内容 メソッドの動作
OEXTEND() ARRAY値に1つのNULL構成要素を追加します。多次元(n-D)ARRAYの場合、これは行優先順で行なわれます。
OEXTEND(num_spaces) ARRAY値にn個のNULL構成要素を追加します。このとき、n = num_spacesになります。n-D ARRAYの場合、これは行優先順で行なわれます。
OEXTEND(num_spaces,index_value)

または

OEXTEND(num_spaces, array_bound)

ARRAY値にindex_valueまたはarray_boundによってインデックス作成されたn個の構成要素のコピーを追加します。このとき、n = num_spacesになります。n-D ARRAYの場合、これは行優先順で行なわれます。

整数タイプの引数を指定しない、1つ指定、または2つ指定したOEXTENDメソッドは、1次元ARRAYタイプのOracle EXTENDメソッドと互換性があります。ただし、OEXTENDが引数なしで呼び出される場合に空の括弧が必要とされる点は、Oracle構文とは異なります。

次の場合に、OEXTENDはエラーを返します。
  • array_exprがNULLの場合。
  • index _valueまたはarray_boundのいずれかがNULLの場合。
  • OEXTENDにより追加された構成要素数が、配列の最大サイズを越える場合。

num_spacesがNULLの場合、エラーは発生しませんが、OEXTENDはいかなるアクションも実行しません。