16.20 - 暗黙タイプ変換 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN
Teradata Databaseは、以下の操作に対してUDTから文字への暗黙的変換を実行します。
  • UPDATE
  • INSERT
  • ストアド プロシージャ、外部ストアド プロシージャ、UDF、およびUDMへの引数の引き渡し。
  • このドキュメント中の他の箇所に明記されている特定のシステム演算子と関数(DBS制御レコードのDisableUDTImplCastForSysFuncOpフィールドがTRUEに設定されていない場合に限る)。

暗黙のデータ型変換を実行するには、AS ASSIGNMENT句を指定する適切なCAST定義(使用上の注意を参照)が存在していなければなりません。

キャスト定義のターゲット文字型は、暗黙の変換のターゲット文字型と正確に一致している必要はありません。Teradata Databaseでは、CHAR、VARCHAR、またはCLOBターゲット型を指定する暗黙的なキャスト定義を使用することができます。

UDTから別々の文字型への変換の場合に複数の暗黙的なキャスト定義が存在する場合、Teradata Databaseは優先順位の最も高い文字型の暗黙的なキャスト定義を使用します。以下のリストでは、文字タイプの優先順位が最低から最高の順に並べられています。
  • CHAR
  • VARCHAR
  • CLOB

UDTから文字への暗黙的なキャスト定義が存在しない場合、Teradata DatabaseはUDTから文字への暗黙的なキャスト定義に代用できるその他のキャスト定義を検索します。

存在する暗黙CAST定義の組み合わせ Teradata Databaseの動作
UDTから数値 UDTからDATE UDTからTIME UDTからTIMESTAMP  
X       UDTから数値への暗黙CAST定義を使用する。

UDTから数値への暗黙のCAST定義が複数存在する場合、Teradata DatabaseはSQLエラーを戻します。

  X     UDTからDATEへの暗黙CAST定義を使用する。
    X   UDTからTIMEへの暗黙CAST定義を使用する。
      X UDTからTIMESTAMPへの暗黙CAST定義を使用する。
X X     エラーを報告する。
X   X  
X     X
  X X  
  X   X
    X X
X X X  
X X   X
X   X X
  X X X
X X X X

Teradata Databaseは暗黙的なキャスト定義を使用してUDTを代用データ型にキャストしてから、その代用データ型を文字型に暗黙的にキャストできるため、代用は有効です。