16.20 - TIMEおよびTIMESTAMPの形式の階層 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

TIMEおよびTIMESTAMP形式を設定する各種操作は、1つの設定が別の設定を上書きするような階層として説明するのがもっとも分かりやすいでしょう。

最下位レベルでは、システムにはデフォルトのTIMEおよびTIMESTAMP形式が付属しています。システム管理者は、TIMEおよびTIMESTAMPのデフォルト形式を変更するカスタムSDFを作成することによって、それらの形式をオーバーライドできます。

個々の列、または個々の値について、システム レベルのTIME形式またはTIMESTAMP形式を上書きできます。

以下のテーブルは、TIME形式およびTIMESTAMP形式の階層をまとめたものです。

操作 設定される形式 フィールド モードの表示形式
FORMAT句付きのSELECT 個々の列 FORMATの定義による
FORMAT句付きのCREATE / ALTER TABLE
カスタムSDF内のデフォルトのTIME形式またはTIMESTAMP形式 システム SDFのTIMEおよびTIMESTAMPの形式の定義による