16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN


expression
データ式。data_type_listで定義された、新しい定義に変換されます。
data_type_list
データ型の宣言またはデータ属性、あるいは両方。
リストの構成要素はカンマで区切る必要があります。
この構文をTeradata変換構文と呼びますが、これは非ANSI構文です。Teradata変換構文は使用しないことを強くお勧めします。これはANSI SQL:2011規格のTeradata拡張機能であり、既存のアプリケーションとの下位互換性のためにのみ保持されています。常にCAST関数を使用して、新しいアプリケーションで変換を実行し、ANSIとの互換性を保つようにすべきです。

例えば次のSELECT文では、TITLE句はEmpNoのデフォルトの標題(列名)より優先され、FORMAT句は、CREATE TABLE文でSalaryデータに定義された表示用形式を変更します。

SELECT EmpNo (TITLE 'Emp#'), Salary (FORMAT '$$$,$$9.99')
FROM Employee;

Teradata変換構文でサポートするデータ型には制限事項があります。例えば、Teradata変換構文を使用してデータをUDTに変換することはできません。詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>を参照してください。