16.20 - 例: ARRAY_COUNT_DISTINCTを使用した、1-D ARRAYデータ型とテーブルへの問合わせ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ データ タイプおよびリテラル

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1143-162K-JPN

次の1-D ARRAYデータ型およびテーブルについて考えてみましょう。

CREATE TYPE item_price AS DECIMAL(7,2) ARRAY[20];
CREATE TABLE inventory (itemkind INTEGER,
                        regular_price item_price,
                        sale_price item_price);

次の問合わせで、ARRAY_COUNT_DISTINCTはregular_price配列内の適用範囲の参照内で100に等しい値を持つ構成要素の数を返します。

SELECT ARRAY_COUNT_DISTINCT(regular_price, 5, 10, 100) FROM inventory;

次は、メソッドスタイルの構文を使用した同じ問合わせです。

SELECT regular_price.ARRAY_COUNT_DISTINCT(5, 10, 100) FROM inventory;

次の問合わせは、regular_price配列内の固有(Distinct)構成要素の数を返します。

SELECT ARRAY_COUNT_DISTINCT(regular_price)FROM inventory;