16.20 - Valid-Timeタイムスタンプ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
valid-time列では、行内の情報が有効である期間が特定されます。この情報は、契約が有効である期間などの実世界をモデル化するため、次に示すような条件が必要になります。
  • valid-time列を含むテーブルに行を追加するときには、常に明示的にvalid-time期間を指定する必要があります。
  • valid-time列を含むテーブルにDML変更を加えるときには、常に明示的に期間を指定する必要があります。これは、変更の適用期間を指定するもので、行のPVに厳密に一致しないことがあります。変更のPAが行のPVと一致しない場合、Teradata DatabaseはそれらのPAとPV間のリレーションシップによって変更を加える方法を決定します。PAとPVが部分的に重なる場合の変更には、テーブルへの新しい行の追加が付随します。この行は、変更前後の期間を考慮に入れるためのものです。

valid-time列を含むテーブルに対する操作には、PAとPVを明示的に指定できますが、これらの期間が指定されていない場合、Teradata Databaseはデフォルト値を使用します。valid-timeテーブルの場合、行の挿入または変更の時点での時刻が、ビルトイン関数TEMPORAL_TIMESTAMPの値、またはTEMPORAL_DATE (valid-time列がDATE型の場合)の値として設定されます。

トランザクションのTEMPORAL_TIMESTAMPまたはTEMPORAL_DATEの値は、テンポラル テーブルに対して最初にロックされていない参照を実行したときの時刻または日付か、トランザクションでこのビルトイン関数に最初にアクセスしたときの時刻または日付になります。

TEMPORAL_TIMESTAMPビルトイン関数について、詳細はTeradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145を参照してください。