16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート>では、特にテンポラル テーブルに関連する構文について説明します。必須ではない構文やテンポラル テーブルに固有ではない構文は、基本的にこのドキュメントには示されていません。その他の構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>、および<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。






CURRENT VALIDTIME
セッションvalid-time修飾子はcurrentになります。
VALIDTIME AS OF date_timestamp_expression
SELECT文がテンポラル テーブルを参照するときに、valid-time修飾子が省略されている場合には、デフォルトの動作により、date_timestamp_expressionで指定した日付値またはタイムスタンプ値の時点(AS OF)のvalid-time次元のテーブルのスナップショットが抽出されることを指定します。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

VALIDTIME SEQUENCED VALIDTIME
セッションvalid-time修飾子はsequencedになります。
NONSEQUENCED VALIDTIME
セッションvalid-time修飾子はnonsequencedになります。
period_expression
sequencedまたはnonsequencedのセッションvalid-time修飾子を指定します。期間値は定数式、またはビルトイン関数にする必要があり、列を参照することはできません。
CURRENT TRANSACTIONTIME
セッションtransaction-time修飾子はcurrentになります。
TRANSACTIONTIME AS OF date_timestamp_expression
SELECT文がテンポラル テーブルを参照するときに、transaction-time修飾子が省略されている場合には、デフォルトの動作により、date_timestamp_expressionで指定した日付値またはタイムスタンプ値の時点(AS OF)のtransaction-time次元のテーブルのスナップショットが抽出されることを指定します。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
セッションtransaction-time修飾子はnonsequencedになります。
AS OF date_timestamp_expression
SELECT文がテンポラル テーブルを参照するときに、valid-time修飾子またはtransaction-time修飾子、あるいはその両方が省略されている場合には、デフォルトの動作により、date_timestamp_expressionで指定した値の時点(AS OF)のvalid-time次元またはtransaction-time次元、あるいは両方の次元でのテーブルのスナップショットが抽出されることを指定します。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

ANSIQUALIFIER
これは、ANSI/ISO互換のテンポラル テーブルと構文のユーザーのためのデフォルトです。
セッション テンポラル修飾子は、ANSI互換のテンポラル テーブルを作成し、テンポラル問合わせとDMLに対してANSI互換のデータベースの動作を確保するためにANSIQUALIFIERにする必要があります。
セッション修飾子は、このドキュメントで説明されている既存のテンポラル テーブルを、<Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>で説明されているANSI互換のテンポラル テーブルに変換するためにもANSIQUALIFIERにする必要があります。transaction-timeテーブルのsystem-timeテーブルへの変換の詳細については、ANSIテンポラル テーブルを参照してください。