16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

アップサートのUPDATE部分は、テンポラル形式のUPDATEについて説明したセマンティクスに従います。アップサートのINSERT部分は、テンポラル形式のINSERTについて説明したセマンティクスに従います。従来型のアップサートに適用されるすべての制限が、テンポラル形式のアップサートにも適用されます。ただし、その例外として、後続のトピックで説明する緩やかな制限が付随します。

アップサートが行のオープン操作やクローズ操作などのテンポラル操作を必要としない場合には、NONSEQUENCED VALIDTIME UPSERTを使用してください。SET句では、valid-time列を参照してvalid-time値を設定できます。

テーブルに定義されているすべてのチェック、プライマリキー、テンポラル固有性(current、sequenced、nonsequenced)制約は、トランザクション時間にオープンな行に対してのみチェックされます。

NORMALIZEで定義されたテーブルに対してDML操作を行なうと、修正した行の正規化セットが生成されます。変更されていない行は、正規化の結果としてターゲット テーブルから削除される可能性があります。

ターゲット テーブルがtransaction-timeを持つ正規化されたテンポラル テーブルである場合、その正規化の結果として削除される行は、トランザクション時間でクローズされます。