16.20 - テンポラル データベース管理システム - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル データベース管理システム(DBMS)とは、時間次元についての組込みサポートを提供するDBMSのことです。この組込みサポートには、時間に関係するデータの格納、問合わせ、および更新を実行するための特別な機能が含まれます。テンポラルDBMSでは、履歴データ、現在のデータ、および将来有効になるデータが区別されます。

テンポラル データベース管理システムの目的は、時間を正しく判断することです。

テンポラルDBMSには、テンポラル バージョンのSQLが用意されています。このバージョンのSQLには、データ定義言語(DDL)、制約の仕様と実施、データ型、データ操作言語(DML)、およびテンポラル テーブルに対する問合わせ言語のそれぞれに拡張機能が含まれています。