16.20 - 使用上の注意 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

トランザクション時間をサポートするテーブルでは、transaction-time次元のテンポラル修飾子はCURRENT TRANSACTIONTIMEになります。

テーブルに定義されているすべてのチェック、プライマリキー、テンポラル固有性(current、sequenced、nonsequenced)制約は、トランザクション時間にオープンな行に対してのみチェックされます。

ターゲット テーブルまたはソース テーブルのどちらかがテンポラル テーブルであるときに、MERGE文でテンポラル修飾子を指定していない場合には、そのテンポラル テーブルにはセッションvalid-time修飾子が使用されます。

ソース行セットが値リストで指定されている場合には、ソースは非テンポラルであると見なされます。

選択subquery 、またはマージ文でソース行セットとして指定されたテーブルでは、テンポラル テーブルを参照できます。派生テーブルは使用したテンポラル修飾子に応じて、テンポラル テーブルになることも、非テンポラル テーブルになることもあります。

プライマリ インデックスを持たないテーブルと列パーティション テーブルでは、MERGEはサポートされていません。

MERGE文のUPDATE部分はテンポラルUPDATE文のセマンティクスのルールに従い、MERGE文のINSERT部分はテンポラルINSERT文のセマンティクスのルールに従います。

NORMALIZEで定義されたテーブルに対してDML操作を行なうと、修正した行の正規化セットが生成されます。変更されていない行は、正規化の結果としてターゲット テーブルから削除される可能性があります。

ターゲット テーブルがtransaction-timeを持つ正規化されたテンポラル テーブルである場合、その正規化の結果として削除される行は、トランザクション時間でクローズされます。