16.20 - エラー ロギング テーブル - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル テーブルに対するMERGE操作時に発生した更新および挿入エラーに関する情報を、Teradata Databaseでログ記録する必要があるときには、テンポラル テーブルに関連付けたエラー ロギング テーブルを作成してください。

エラー ロギング テーブルを作成するには、CREATE ERROR TABLE文を使用します。エラー ロギング テーブルは、非テンポラル テーブルになります。テンポラル テーブルに関連付けたエラー ロギング テーブルを作成すると、テンポラル テーブル内のテンポラル列は、通常のPERIODデータ型の列としてエラー ロギング テーブルに含まれます。

ターゲット テーブルのvalid-time列が派生PERIOD列である場合、挿入される行の開始境界値と終了境界値は、ターゲット テーブルの派生PERIODのvalid-time列の構成要素列に割り当てられます。

MERGE文のエラー ロギングを有効にするには、LOGGING ERRORSオプションを指定します。

テンポラル形式のMERGEに対して、Teradata Databaseのエラー ロギング機能では、以下のエラーをローカル エラーと見なします。
  • sequenced重複行
  • CHECK制約違反
  • ゼロによる除算など行のビルド時のエラー

非ローカル エラーは、複合更新およびnonsequenced USI更新です。テンポラル テーブルに対する固有性制約違反は、非テンポラル テーブルの場合と同様に、非ローカル エラーではなく結合インデックス エラーになります。

エラー ロギング テーブルの作成方法の詳細については、Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144の「CREATE ERROR TABLE」を参照してください。INSERT … SELECT文のエラー処理を指定する方法の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。