16.20 - transaction-time問合わせのAS OF date_time_expression - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

date_time_expressionのデータ型は、TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONEと比較可能でなければなりません。次のルールが適用されます。

date_time_expressionのデータ型 詳細
DATE DATE値はTIMESTAMP(6) WITH TIME ZONEにキャストされてから、修飾に使用されます。変換されたタイムスタンプ値の時間部分は、セッションのタイムゾーンの00:00:00 (hh:mi:ss)になります。行はUTCタイムスタンプ値に基づいて修飾されます。
TIMESTAMP[(n)] [WITH TIME ZONE] タイムスタンプ値の精度が低い場合には、TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE変換されてから、行が修飾されます。
その他のデータ型 Teradata Databaseによりエラーが報告されます。

transaction-time列への参照は、WHERE条件やJOIN条件などを含め、問合わせの有効範囲内と問合わせブロック内のどこででも指定できます。

AS OF修飾子は、所定の時刻と重なるtransaction-time値を持つ行だけが問合わせに関与する資格があるというような、追加の条件の役割を果たします。それ以降、すべての基礎テーブルが問合わせで非transaction-timeテーブルとして扱われます。結合や集約のような操作、集合演算などは、この修飾子の影響を受けません。

transaction-time次元のdate_timestamp_expressionでTEMPORAL_DATEまたはTEMPORAL_TIMESTAMPを使用すると、そのビルトイン関数の値がトランザクションの時刻として評価されます。date_timestamp_expressionの値が将来になる場合、この修飾子はtransaction-time次元でcurrentと同様になります。

問合わせに二重テンポラル テーブルまたはvalid-timeテーブルが関与する場合は、valid-time次元に適用される追加情報に関する以下のトピックを参照してください。