16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート>では、特にテンポラル テーブルに関連する構文について説明します。必須ではない構文やテンポラル テーブルに固有ではない構文は、基本的にこのドキュメントには示されていません。その他の構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>、および<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。


GRANT OPTION FOR
対応する明示権限を所有する指定の受領者の指定の権限から、GRANT付与権限のみを削除します。
ALL [PRIVILEGES]
すべての明示的に付与された権限を、指定のユーザーから取り消すよう指定します。これらの権限は、指定したオブジェクトに対して付与できる権限であり、REVOKEを実行するユーザーがWITH GRANT OPTION付きで明示的あるいは暗黙的に保持している権限です。

DBS制御ユーティリティのInclNTforGrntOrRevokAllフィールドがTRUEに設定されている場合、REVOKE ALLにはNONTEMPORAL権限が含まれます。そうでない場合、REVOKE ALLにNONTEMPORAL権限は含まれません。

ALL BUT
権限リストで指定した権限を除き、すべての明示的なデータベース権限を、指定のユーザーから取り消します。これらの権限は、指定したオブジェクトに対して付与できる権限であり、REVOKE を実行するユーザーがWITH GRANT OPTION付きで明示的あるいは暗黙的に保持している権限です。
NONTEMPORAL
ユーザーがNONTEMPORAL接頭辞を使用して、table_nameまたはview_nameの、database_nameまたはuser_nameで指定されるtransaction-timeテーブルおよび二重テンポラル テーブルに対する非テンポラル操作を実行できないことを指定します。

NONTEMPORAL権限の詳細については、NONTEMPORAL権限を参照してください。

privilege
NONTEMPORAL以外の権限を指定します。

詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>の「REVOKE」を参照してください。

ON database_name
transaction-timeテーブルか二重テンポラル テーブル、あるいは両方のテーブルを含む(または含む可能性のある)データベースの名前。
ON user_name
transaction-timeテーブルか二重テンポラル テーブル、あるいは両方のテーブルを含む(または含む可能性のある)ユーザーの名前。
ON table_name
二重テンポラル テーブルまたはtransaction-timeテーブルの名前。
ON view_name
二重テンポラル テーブルまたはtransaction-timeテーブルに作成された更新可能なビューの名前。
TO [ALL] username
FROM [ALL] username
受領者を特定する既存のデータベースまたはユーザーの名前を指定します。

ALLを指定すると、そのオブジェクト権限が、指定したデータベースまたはユーザー、およびそのデータベースまたはユーザーによって所有されるすべてのデータベースまたはユーザーから取り消されます。