16.20 - 選択リストのアスタリスク - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

非テンポラル テーブルでは、選択リストにアスタリスク(*)を使用すると、SELECT文ですべてのテーブル列が返されるようになります。nonsequenced以外の修飾子を指定したテンポラル テーブルでは、元のテーブルの非テンポラル列のみが返されます。すべての非テンポラル列を返すアスタリスクを使用したSELECT文で、元のテーブルのテンポラル列も返すようにするには、アスタリスクの前にテーブル名とピリオドを付けて、アスタリスクの後ろにカンマを付けます。その後ろに、非テンポラル列と共に返されることになるテンポラル列(または派生PERIODタイプと定義されたテンポラル列の構成要素列)を列挙します。

例: 選択リストでアスタリスクを使用

SELECT *
FROM policy;
Policy_ID  Customer_ID  Policy_Type  Policy_Details
---------  -----------  -----------  ------------------
   541077    766492008  AU           STD-CH-344-YXY-00
   541008    246824626  AU           STD-CH-345-NXY-00
   541145    616035020  AU           STD-CH-348-YXN-01

SELECT policy.*, validity
FROM Policy;

Policy_ID  Customer_ID  Policy_Type  Policy_Details    Validity
---------  -----------  -----------  ----------------- ------------------------
541077     766492008    AU           STD-CH-344-YXY-00 ('09/12/21', '99/12/31')
541008     246824626    AU           STD-CH-345-NXY-00 ('09/10/01', '99/12/31')
541145     616035020    AU           STD-CH-348-YXN-01 ('09/12/03', '10/12/01')
適用期間を含むSEQUENCED VALIDTIME問合わせでvalid-time列を参照することはできません。