16.20 - INSERT … SELECTとエラー ロギング テーブル - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

INSERT … SELECT操作中にテンポラル テーブルで発生する挿入エラーの情報をTeradata Databaseに記録する場合は、テンポラル テーブルに関連付けるエラー ロギング テーブルを作成できます。

エラー ロギング テーブルを作成するには、CREATE ERROR TABLE文を使用します。エラー ロギング テーブルは、非テンポラル テーブルになります。テンポラル テーブルに関連付けたエラー ロギング テーブルを作成すると、テンポラル テーブル内のテンポラル列は、通常のPERIODデータ型の列としてエラー ロギング テーブルに含まれます。

テンポラル テーブルがテンポラル列に派生PERIOD列を使用する場合、エラー テーブルの対応する列も派生PERIOD列になります。

INSERT … SELECT文のエラー ロギングを有効にするには、LOGGING ERRORSオプションを指定します。INSERT … SELECTエラーのエラー ロギング機能の動作は、非テンポラル テーブルとテンポラル テーブルに対して同じです。

エラー ロギング テーブルの作成方法の詳細については、Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144の「CREATE ERROR TABLE」を参照してください。INSERT … SELECT文のエラー処理を指定する方法の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。