16.20 - 例: 二重テンポラル テーブルからのCurrent削除またはSequenced削除 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

これらの操作の構文は、valid-timeテーブルに対して実行する同種の削除と同じです。

  • current削除を実行するには、DELETE文にCURRENT VALIDTIME修飾子を使用します。
  • sequenced削除を実行するには、DELETE文にSEQUENCED VALIDTIME修飾子を使用します(修飾子としてVALIDTIMEを単独で使用しても同じです)。
二重テンポラル テーブルに対するこの種の削除には、valid-timeテーブルに対する削除とは異なる2つの重要な仕様があります。
  • 二重テンポラル テーブルに対するcurrent削除とsequenced削除は、transaction-time次元でオープンである行のみに影響します。
  • 物理的に行が削除されるのはNONTEMPORAL修飾子を使用したときに限られるため、SEQUENCED VALIDTIMEで削除された行は論理的にのみ削除されます。論理的に削除された行のtransaction-time期間の終了境界値は、UNTIL_CLOSED値から削除の日付またはタイムスタンプに変更され、transaction-time次元でクローズ行になります。論理的に削除された行は、履歴行になります。

    valid-time期間は、未変更のまま論理的に削除された行に残されます。行の削除状態は、トランザクション時間の終了境界値に反映されます。ただし、valid-timeテーブルに対するSEQUENCED VALIDTIME DELETEと同様に、元の行の有効期間がsequenced削除の適用期間の先まで続いているときには、削除されていない情報の期間を反映する新しい行が作成されます。新しい行には、適切に変更されたvalid-time期間が含まれます。このような新しい行は、transaction-time次元でオープンになります。これは、それらの行の期間が削除の適用期間に含まれないためです。