16.20 - テンポラル テーブルの変更 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル テーブルへの変更は、current、sequenced、またはnonsequencedになります。これらの操作は、valid-time次元に適用します。システムは、各行の有効期間と変更SQLの適用期間との相互関係に基づいて、変更対象の行を自動的に判別します。

transaction-timeテーブルおよび二重テンポラル テーブルのtransaction-time次元では、行はオープン行またはクローズ行のどちらかと見なされます。オープン行は、データベース操作に関与します。クローズ行は、削除または変更された行の直前の状態の履歴スナップショットになります。クローズされた行は、通常のSQL操作には関与しなくなりますが、テンポラルSQLを使用して確認することはできます。

transaction-time次元でクローズされている行は、その行に対するデータベース操作の永続的なログとして残されます。このような行を削除または変更することはできません。ただし、特別なNONTEMPORAL権限を所持するユーザーは、これらの行を削除および変更できます。この権限は、そのような操作をデータベース内で実行できるようにするために用意されています。