16.20 - 一般ルール - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

次に示す一般ルールは、テンポラル テーブルへのすべての種類の挿入(INSERT)に適用されます。特定の種類の挿入に適用されるルールは、後続のセクションで説明します。

  • valid-time修飾子がセッションにも、INSERT文内にも指定されていない場合、その文はCURRENT INSERT文になります。
  • valid-time列に割り当てる値には、CURRENT_DATEまたはCURRENT_TIMESTAMPを使用できません。
  • AS OFテンポラル修飾子がセッション テンポラル修飾子として設定されているときに、テンポラル修飾子を指定していないINSERTがテンポラル テーブルに対して発行されると、セッション テンポラル属性は無視され、INSERTのデフォルトはcurrentになります。
  • valid-time列がないターゲット テーブルで、有効時間をサポートする他の複数のテーブルがINSERT … SELECT文に指定されている場合、valid-time次元の修飾子のデフォルトはcurrentになります(NONTEMPORAL修飾子が指定されていない場合)。transaction-time次元では、オープン行のみを対象とします。
  • transaction-time次元には、修飾子を指定できません。セッション属性は、transaction-time次元には適用されません(ユーザーがNONTEMPORAL権限を所有していれば、トランザクション時間を指定するためにNONTEMPORAL修飾子を使用できます。詳細については、NONTEMPORAL権限を参照してください)。